カナダ ユーコン準州(Yukon Territory, Canada)より野生動物撮影活動および極北での生活を綴っています。

2011年6月2日木曜日

一眼レフカメラ用GPSユニット

ようやく新しい機材がペンタックスに決まったところですが、昨日面白い新製品の発表がありました。
【一眼レフカメラ用GPSユニット】なる製品で、撮影画像に位置情報を記録できるアクセサリーです。
ここ最近、このGPS機能を搭載したコンパクト・デジカメが各メーカーから発売され、撮影状況の記録用にいずれ一台欲しいかなと思い始めていました。道の無い原野で撮影すると、あとから地図を見ても撮影場所を特定するのは非常に困難です。デジタルに移行するからにはこういう使える機能はどんどん取り入れていきたいものです。

カタチはちょっといただけませんが(苦笑)、簡易防滴構造なうえに電池込みの重量が約60gらしいので、GPS付コンデジより軽く済むのも魅力的です。価格もコンデジより安いです。緯度・経度・高度・UTC(世界協定時)・方位を記録。さらに簡易天体追尾撮影機能というのが付いているそうです。天体撮影は専門外なのでどういう機能かよくわかりませんが面白そうです。詳しい友人がコメントに解説を書いてくれることでしょう(笑)。

カメラメーカー純正でGPSユニットを出しているのは確か今までのところニコンだけだったと思うので、早速ペンタックスにしたメリットが出てきました。

道具の話ばかりしていても仕方ないので早く撮りに行きたいところですが…その前にさっさと望遠レンズ決断して買わないと。。。

2 件のコメント:

  1. 簡易天体追尾撮影機能「アストロトレーサー」は最大追尾可能時間は5分とのことですが、これが本当に確実に追尾できるのなら凄すぎですよ~。

    返信削除
  2. このニュースを最初に読んだとき、真っ先に「auroranekoさん悔しがってるんじゃないかな~」と思いました(笑)。

    返信削除