カナダ ユーコン準州(Yukon Territory, Canada)より野生動物撮影活動および極北での生活を綴っています。

2011年5月30日月曜日

デジタル移行

いよいよと言いますか遂にと言いますか、デジタルへ完全移行する時が来ました。
先日ウェブサイトをリニューアルしましたが、写真の95%はフイルムで撮影したものです。
デジタル全盛のご時勢ですが、私は2009年末までフイルム・メインで撮影していました。
フイルムへの拘りがあったものの、さすがに限界を感じていました。というのもリバーサル・フイルムを現像できるところがどんどん減ってきていたからです。
以前住んでいたカナディアン・ロッキーも、現在住んでいるユーコンも、現地でリバーサルを現像してくれるところはなく、都市部の現像所と郵送でやり取りするしかありません。
ロッキーにいた頃はカルガリーの現像所とやり取りしていましたが、リバーサルの現像を止めてしまうところが相次ぎ、その度に新たな現像所を探さねばならない状況でした。
北米においては日本よりもデジタル化が進んでしまっているかもしれません。日本はまだフイルムの現像にここまで困らない状況ではないでしょうか?日本を離れて久しいので現状がどうなのかよくわかりませんが。。。

カナダに移住し、ある時期からデジタル移行のタイミングを見計らっていましたが、移行するからにはよっぽど納得の出来る理由を必要としていました。
つまり、フイルムでは撮り得ない写真が撮れない限りはまだその時では無いと。
そして遂に決心に至った最大の理由は高感度耐性の向上でした。最近のデジタルの高感度画質は素晴らしく、この点においてはフイルムから大きな飛躍を遂げました。
野生動物の撮影では、日の出前後、日没前後が動物の活動や光の具合において魅力的な時間帯となります。しかしフイルムの時代においてはISO400あたりが画質的に限界で、動物の動きを止めようとすると明るいレンズ(大きく重く高い)を必要としました。
それが現在のデジタルではISO1600程度まで実用域となり、手振れ補正機能の助けもあって少々暗いレンズでもフイルムでは撮れなかったような写真が撮れる可能性を示し始めたのです。

【時】は来ましたが、機種を決断するまでには更に長い時間を必要としました。
メジャーどころのメーカーのフイルム・カメラを使っていたならレンズをそのまま使えるので同メーカーのデジタルへ移行すればよい話なのですが、私が使っていたフイルム・カメラはオリンパスで、このメーカーはフイルム・一眼レフとデジタル・一眼レフの間に長い長いブランクがありレンズの互換性がなかったため(アダプターを介して装着は出来ますが多くの制約があり実用とは言えません)、全く新たに機材を揃えなおす必要に迫られました。
日本に長期一時帰国していた2009年秋/冬、フイルム機材を完全に処分しました。この時に新機材の購入も考えたのですが、当時の経済状況と、全くの新天地であるユーコンへ移住するため生活基盤を築くためには当分撮影出来ないであろう状況から購入を見送りました。
当時は慣れ親しんだオリンパスのデジカメへの移行が有力候補でしたが、一年半の歳月は状況を大きく変えました。各メーカーの動向や方向性を鑑み、ようやく決断に至りました。

私が選んだメーカー/機種はこちら。

PENTAX K-5 with smc PENTAX-DA18-135mm
F3.5-5.6ED AL[IF]DC WR


私の撮影スタイルは原野へ分け入り野営しながらというもの。そのため体積/重量は大きな要素でした。センサーサイズの小さなオリンパスは候補だったのですが、最新のE-5という機種が先代のE-3から小型化されなかったこと、オリンパスよりセンサーサイズが大きいにも関わらず小型軽量だったペンタックスのK-7という機種がモデルチェンジにおいてサイズを保ちながら私が望んでいた高感度耐性を大きく向上したことが決め手となりました。
キヤノンやニコンも当然検討しましたが、同等の機種が大きく重かったことと、『アンチ巨人』な天邪鬼な性格でこういう結論に至りました。

いろいろと相談にのって下さった皆さまありがとうございました。
この決断が吉と出るか凶と出るかわかりませんが、これからも変わらず『らしい』撮影スタイルを貫いていきたいと思います。

ユーコン2年目にしてようやく生活も落ち着いてきました。
いよいよ今夏から少しずつではありますが『撮影活動再開』といきたいと思います。

今後とも宜しくお願いします。
乞うご期待!(と自分に発破をかけてみる)

6 件のコメント:

  1. ついに決めたんですね~。;-)

    今度触らせてください。

    返信削除
  2. ようやくです(笑)
    次なる悩みは望遠レンズ。ズームの利便性で60-250mmにするか、少しでも長い300mmにするか…。こちらは早く決断したいです。直ぐにでも撮りに行きたいですから。

    返信削除
  3. 僕なら迷わず200/2.8+1.4と2のテレコンですが、ペンタのテレコンはAF使えないですからねぇ。(汗)

    無難に300/4とテレコンかなぁ。

    40/2.8パンケーキは大のお気に入りでした~。;-)

    返信削除
  4. はなさんがついにデジタルですか。なんか寂しいですね〜。
    私は逆にこれからフィルムを勉強しようと思っていますが、前途多難です。笑
    というかフィルム以前に写真の基礎から勉強です。目指すはウエディングフォトグラファー等です。と言っても自分たちの会社のセカンドフォトグラファーですが。
    写真には興味なかったんですが、初めてみたらはまってしまいました。良い先生がいるので頑張って勉強します。早くカナダに遊びに行きたいのですが、なかなか、、、、。

    返信削除
  5. auroranekoさん
    テレコンも天邪鬼にF AF 1.7xを入手しました。MFでだいたいのピントを合わせておくとあとはテレコン側でAFが効くそうです。ペンタは魅力的なレンズが多いので悩みが尽きませんね。一方で望遠系をもっと充実させてくれないと厳しいです。

    TAIYAKI MEDIAさん
    寂しいですが時代ですね。。。マウントを変えざるを得ないのでフイルムカメラ・レンズ共に全て処分してしまいましたが、そのうち余裕が出来たらペンタックスのフイルムカメラを中古で手に入れるというのもいいですね。でもデジタル専用のレンズしか持っていないので結局フイルム用のレンズも必要になってしまいますが(苦笑)。
    そちらへも遊びに行きたいのですがなかなか…。
    『近くて遠い』ですね。

    返信削除
  6. 1.7Xを私も200/2.8に付けて使っていましたが、AFが遅すぎて子供のスポーツにもNGでした。A1.4X-LやA2X-Lに比べると眠くなるような気がしましたが、ボディーやレンズとの相性もあるかもしれませんね。

    返信削除